住吉川上流で第2回いきものウォッチングを行いました

環境保全
10 /11 2017
 10月8日(日)、住吉川上流で「第2回いきものウォッチング」を開催しました。
 このイベントは、今年度の県委託事業公募に当団体が応募し採択された事業です。応募時点から準備を重ねた「蛍が生息するきれいな住吉川上流の川辺に住む動植物の観察会」ですが、晴天に恵まれて多くの子供、親御さんに参加していただきました。
 住宅街のすぐそばを流れる身近な住吉川にはホタル以外にも魚類、カニ、カエル、カワニナ、トンボなどが多くの種類の生き物たちが住んでいます。この姿(生物の多様性)を実際に自分たちで見てもらい、ひいてはこの環境を守ることの大切さに気付いてもらいたいという趣旨での今回のイベント企画でした。
 今回は、この流域で長年ホタルを増やすための活動に取り組んでこられた「住吉川のホタルを増やす会」の皆様のご理解のもとに全面的なご協力をしていただきました。
 この日は、西の台小学校生徒を中心に付属、横瀬、賀来、松岡の各小学生が計23人参加してくれました。=親御さんや近隣の方々、われわれスタッフなどを含めると総勢約40名=
DSCN0474n012.jpg

IMG_0770n012.jpg

 8時半ころには、近所の子供たちが集まりだし、その後青葉台公民館に集合して現場まで徒歩移動する参加者が、現場に到着したのが8時50分頃。
 全員揃ったところで、朝礼が始まりました。
 最初に主催者を代表してソーシャルプラネット大分の理事長の荒江から開会の挨拶です。
20171008 100059n012

 続いて、「住吉川のホタルを増やす会」会長である泉さんからご挨拶を頂きました。泉さんは子供たちに大人気であちこちからの記念撮影の求めに応じておられました。
izumi1.jpg

 次に大分で活躍されている、川に住む生物の専門家松尾先生(大分県環境教育アドバイザー)をご紹介しました。今回は事前にさかな捕獲用の網の設置や投網での捕獲を実演していただき、子供たちの質問に快く答えていただきました。
Collage10082_Fotor1.jpg

 その後、当団体から、グループ毎の担当範囲や観察用具などの説明を行いました。
DSCN0468n012.jpg

 最後に「住吉川のホタルを増やす会」副会長の沓掛さんから、川辺で観察をする際の注意点をお話し頂き、9時過ぎからウオッチングが始まりました。
DSC07916 沓掛副会長n012

 子供たちの安全確保のために、事前に川辺に下りるルート確保や流域の清掃を行ってはいたものの、約90分の活動中、何かと心配で川を見渡せる道路からの監視を二名体制で行いました。グループ毎の対象範囲で60分程度、魚類、昆虫の採集観察を行い、最後30分では全員で事前に仕掛けた魚捕獲用の網の引き上げと松尾先生の投網によって採集した魚などを見たうえで、正確な名前や雌雄の判別法などを教えていただきました。
DSCN0475n012.jpg

DSCN0493n012.jpg

DSCN0525n012.jpg

DSCN0522n012.jpg

DSC07932 H291008n01

DSC08001 投網 H291008n01

DSC07995 投網n01

DSC07989 魚の追込みn01

DSC07975n01.jpg

DSC07970n01.jpg

DSC07965n01.jpg

IMG_0798n012.jpg

Collage10081_Fotor1.jpg
Collagesakana1_Fotor.jpg

 子供毎に、それぞれ行動パターン違うようで、重点的にホタルの餌となる川ニナを大量にとった【ニナ・ハンター】、カエルを何匹も捕獲する【カエル・ハンター】、その他【カニ・ハンター】等がいて、事前に我々が2度行った採集時と比較すると質・量ともに子供たちが勝りました。 只、8月、9月に事前採集をした時には、大きなドンコなどもう少し大きな魚がいました。(それ以降の台風時の大雨と2,3日前の雨の影響があったのかもしれません)
Collage1008kanin01_Fotor.jpg

 終礼時に、今回のいきものウォッチング参加記念として、子供たち全員に事前調査で撮影した生き物の写真も掲載した『観察マニュアル』と、当日使用した捕虫網、魚用の網、採集箱等を配りました。また、本日の感想を子供たちに書いてもらいましたが、次回同様の企画があれば絶対参加したい等、われわれにとっては嬉しい声が多く寄せられました。最後にこの日に捕獲した生き物を川に返して解散となりました。
Collage1008_Fotorn01.jpg

 当初計画していた観察方法(ワークシートを子供たちに書いてもらったり、採集したいきものの採寸作業)が、限られた時間内で行う子供たちによる河原でのフィールドワークでは十分にはできませんでしたが、グループごとに現場で実物を前に話し合えたのが収穫でした。
 最後になりましたが、今回のいきものウォッチングに参加していただいた小学生及びご父兄の皆様、ご参加有難うございました。また、松尾先生や泉会長以下「住吉川のホタルを増やす会」の皆様方には運営を手助けいただき有難うございました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
 尚、このイベントの関連行事として11月26日(日)に講演会を行います。
*場所:青葉台公民館にて9時半(受付9時から)から90分程度開催
前出の泉さんには、仮題(ホタルの一生と人間のかかわり方)、松尾さんには仮題(生物多様性と人間の生活)
以上、お二方の講演です。多くの方の参加をお待ちしています。(詳細は後日当ブログでもご案内します。)


(荒江   記)

socialplanet

名称:ソーシャルプラネット大分(NPO)
設立年月日:2015-06-01
設立目的:地域社会の活性化と生活環境改善への貢献
活動分野:まちづくり、環境保全、男女共同参画、職業能力開発・雇用
会員数:10名
主たる事務所所在地:大分市高崎
代表者氏名:荒江 進
電話番号:090-2716-8321
メールアドレス:arae@oct-net.ne.jp

*当NPOへのお問い合わせ等は下欄のメールフォームにてお願いします。