おおいたうつくし作戦地域連絡会(大分)に参加しました

会議報告
06 /13 2017
 平成29年6月12日、県庁新館14F大会議室で開催された「おおいたうつくし作戦地域連絡会(大分)」に参加してきました。うつくし隊の登録数は県内で93団体、その内大分市内は43団体だそうで、本日は27団体が参加していました。主催は生活環境部うつくし作戦推進課です。
sannkasha123.jpg

 最初に梶原課長からの挨拶と今年度の取り組みについて説明がありました。
 「大分県は平成30年国民文化祭の開催地であり、2019年ラグビーワールドカップに備えています。そこで環境の視点から県内外のお客様のおもてなし体制構築のために市内商店街と連携した取り組みや県内各地で地域の皆様と一体となった環境保全活動に取り組みますが、うつくし隊の活動も大きな柱として考えている」との主旨でした。
utu123.jpg

 会議前に参加団体の方々が自分たちの活動紹介パンフレット等を配布されました。この1年のうつくし隊としての活動内容は団体ごとの特徴や工夫がわかり興味深く拝見しました。様々な活動が大分で展開されていることを知りましたが、このような内容をもっと周知できる工夫はないものかとも感じました。当団体もブログで活動情報を発信していますが、サイトを見て頂けなければ、伝わりません。この課題は他の団体の方々にも共通することのようで、うつくし隊活動の広報・情報交換に関し、県庁主管課の方に方策を考えていただけたらと思いました。
Collagekaigi12_Fotor.jpg

utu3123.jpg

 会議後半は、4グループに分かれ討議タイムとなりました。
 おおいたうつくし作戦まちづくり推進事業の大分地区の課題が3つ発表され、この課題についてチーム単位で実情を話し合いました。 
 当団体が参加したチームは以下の6団体で(NPO法人グリーンバード大分チーム/河原内自然環境保全くらぶ/公益社団法人ガールスカウト大分県連盟/NPO法人岡原花咲かそう会/日本たばこ産業大分支店/ななせ交流会)、活発な議論・意見交換がなされました。
 課題の一つである、担い手不足(団体メンバー高齢化と後継者不足、高齢者の生きがいづくり、若者の雇用の場の確保)の問題については、各団体ともに共通の悩みを持っており、その解決策・工夫として①活動中に統一ユニフォームでPRする②活動先を探している団体(ガールスカウトやグリーンバード等に協力依頼する)③該当地区住民だけだとうまくいかないこともあるので他団体との協業模索してはどうかという意見が出されました。
 また、環境意識の欠如、環境教育をどうするかという課題については、①子供の内から環境教育するに限る。②意識の低い人(団塊世代?)対策にはなかなか打つ手がない。という意見が出されました。
 他のチーム発表で、助成金事業の予算費目では実施者の人件費を認めないケースもあるので、何とかできないかとの発言もありました。
 この日、ソーシャルプラネット大分からは私(荒江)と事務局長の小野が参加しましたが、今後の地域連絡会開催内容や活動内容の情報交流の在り方についての更なる工夫の必要性を感じました。


(荒江    記)

コメント

非公開コメント

socialplanet

名称:ソーシャルプラネット大分(NPO)
設立年月日:2015-06-01
設立目的:地域社会の活性化と生活環境改善への貢献
活動分野:まちづくり、環境保全、男女共同参画、職業能力開発・雇用
会員数:10名
主たる事務所所在地:大分市高崎
代表者氏名:荒江 進
電話番号:090-2716-8321
メールアドレス:arae@oct-net.ne.jp

*当NPOへのお問い合わせ等は下欄のメールフォームにてお願いします。