別大マラソン前日の国道清掃に参加しました

環境保全
02 /03 2018
 今年も「道守大分」さんの呼びかけに応じて当会から3名参加しました。
 今年の開始時刻は、他のスケジュールは昨年より1時間遅めです。我々が毎年参加するのは「道守大分」が担当されるマラソンスタートとなる「うみたまご」周辺地区です。
Collagegomi345_Fotor.jpg


 *開催要領は以下の通りです。(事前に「道守大分」さんから頂いた案内内容)
   ●日時:平成30年2月3日(土)10:00までに集合
   ●集合場所:うみたまご 階段前
   ●時間:10:00~11:00の1時間程度
     ※清掃の前に、注意事項のご案内・写真撮影を行います
     ・現地集合、現地解散です。集合写真を撮りますので、ご参加ください。
     ・ゴミ袋は、大分市からご提供いただきます
     ・火バサミは、国土交通省大分河川国道事務所より、お借りします。
    ▼詳細:道守大分ブログ

 10時から集まったメンバーの記念撮影、その後事務局 木ノ下様から作業段取りの案内がありました。説明によるとこの日は、コース各所での作業ですが総勢1000名のボランティアが参加されたようです。この場所には100人程度の方が集まりました。昨年お見かけした方々や、そして多くの子どもさんの参加もあって今年も和気あいあいの雰囲気。
当団体が日頃お世話になっている県生活環境部うつくし作戦担当課の課長さんや職員の方々にこの場でお会いしびっくり。(昨年は大分土木事務所担当地区で参加されていたとのこと)
27658701_915388191962721_362125976_n.jpg

 この日は気温が高く、例年よりずいぶん作業が楽でした。各人、各団体毎にうみたまごを起点に海側、山側の国道に分かれ作業開始。おかしなもので作業を始めると、見て見ぬふりではなく、ごみを積極的に探そうとして何かごみを見つけてると嬉しくなる気がします。サラリーマン長年の習慣で、道具を持って作業開始すると目に見える成果を求める習性があるのでしょうか?(家庭では熱心に掃除するタイプではありませんが・・)
Collagegomi456_Fotor.jpg

 又、毎年同じ場所での参加ですが、年々回収ごみの量が減っている気がします。このようなイベントの際の一斉美化活動などで一定の効果が出ているのでしょうね。作業中のメンバーの意見ですが『一度道路のごみを拾う側に立った人は、自分では道路にごみを捨てなくなるのでは?』これは私も同感です。
Collagegomi123_Fotor.jpg

 午後、所用があり別府に向かう途中、私たちの清掃担当場所を通過する際、じっくり注視してしまいました。来年も是非、元気に参加したいものです

 別大マラソンは、歴史のある大会で東京オリンピックへの代表選考レースに入っています。スタートが大分市高崎山・うみたまご前、別府市亀川漁港前で折り返し、大分市営陸上競技場がゴールになっています。
大会詳細は、以下のサイトでご確認ください。
https://www.betsudai.com/outline/index.html



(荒江  記)

コメント

非公開コメント

socialplanet

名称:ソーシャルプラネット大分(NPO)
設立年月日:2015-06-01
設立目的:地域社会の活性化と生活環境改善への貢献
活動分野:まちづくり、環境保全、男女共同参画、職業能力開発・雇用
会員数:10名
主たる事務所所在地:大分市高崎
代表者氏名:荒江 進
電話番号:090-2716-8321
メールアドレス:arae@oct-net.ne.jp

*当NPOへのお問い合わせ等は下欄のメールフォームにてお願いします。