「NPO助成・協働プログラム合同説明会」に参加しました

会議報告
03 /18 2018
 3月14日、県庁で開催された「NPO助成・協働プログラム合同説明会」に参加しました。.この日は開始時間前から会場には多くの方々が集まっておられました。当会からは3名の参加です。
joseikyoudou12.png
「NPO助成・協働プログラム合同説明会」のチラシ(部分)

 最初に主催者である県民活動支援室長の石垣氏の開会の挨拶がありました。県内で活動する約800のNPO団体に対しての助成金情報の入手方法の説明、又「地域を担うNPO協働モデル事業」について次年度予定などの説明がありました。この「地域を担うNPO協働モデル事業」は当会が28年度に過疎地での交通課題をテーマに応募したものの最終審査で残念ながら落選したプログラムです。これまで採択された団体の成果発表、中間発表が来年度中旬までに開催予定との事でした。
開会挨拶石垣室長12
開会の挨拶をする県民活動支援室の石垣室長

 次に平成30年度NPOを対象にした補助・委託等助成事業一覧表(県)の紹介です。
 その中から県生活環境部うつくし作戦推進課河部主幹(総括)うつくし作戦の説明がありました。当会はうつくし隊の一員として活動に参加していますが、改めてうつくし作戦展開の経緯と内容を学びました。福祉保健部/生活環境部/商工労働部/農林水産部の各部から事業概要が配布資料に記載されていました。私は、今回4回目の参加ですが毎年度多少内容が変わっているようです。当会会員に諮って、自分たちの力量に応じたプログラムに応募するつもりです。
うつくし隊事業12

 次に企業等による助成プログラムの説明を各団体・企業からして頂きました。
最初におおいた共創基金事務局長 岡氏より説明がありました。次年度もこれまで以上のサポート事業を計画されているようです。当会は29年度OA機器助成事業でプロジェクターを寄贈されました。活動経験が浅く事業基盤も弱い当会にとって大助かりです。
 この後、豊和銀行、九州労働金庫、トヨタ財団の事業説明がありました。
Collagekawa1_Fotor.jpg

 シニア世代ができる社会貢献活動に取り組んでいる当会ですので、次年度新たなチャレンジも視野に入れて企画案を練り、応募したいと考えています。
 毎年のことながら、活動の方向を見定めることができる有意義な説明会でした。主催者の方々、説明していただいた各団体・企業の皆様有難うございました。



(荒江   記)

コメント

非公開コメント

socialplanet

名称:ソーシャルプラネット大分(NPO)
設立年月日:2015-06-01
設立目的:地域社会の活性化と生活環境改善への貢献
活動分野:まちづくり、環境保全、男女共同参画、職業能力開発・雇用
会員数:10名
主たる事務所所在地:大分市高崎
代表者氏名:荒江 進
電話番号:090-2716-8321
メールアドレス:arae@oct-net.ne.jp

*当NPOへのお問い合わせ等は下欄のメールフォームにてお願いします。