「海舟・龍馬思索の道」(愛媛街道+肥後街道)~第9回3地区連合協議会にオブザーバー参加して来ました

会議報告
06 /16 2018
 ソーシャルプラネット大分の副理事長の野村さんが世話役(事務局)をされている「海舟・龍馬思索の道」(愛媛街道+肥後街道)~第9回3地区連合協議会~にオブザーバー参加してきました。
プログラム11

 佐賀関から鶴崎、野津原・今市・久住を抜けて熊本(肥後藩)へと続く324キロの豊後街道(肥後街道)ですが、所縁の地に今も残る史跡、足跡を辿る観光ルートを作成し、県内外の方々に歴史を知って頂くことを目的に結集した会合です。佐賀関、鶴崎、野津原3地区の協議会の代表の方々と大分市役所観光課古賀氏、地域おこし協力隊の方など総勢20名近く方々の熱心な意見交換を聞かせて頂きました。
肥後街道全体図11

 私が、最も感銘を受けたのが皆さん、実によく史実をご存知であることでした。=元々、ご存知のことに加えさらに知ろうとする向学心の賜物でしょうね=
 街道の名前も大分から熊本に向かっては肥後街道、逆は豊後街道、つまり旅の目的地で街道名が違うとの解説もあり、納得。
又、この街道は加藤清正が拓いた道であることや彼が歴史上人物の人気度ランキング3位(cf. 1位織田信長、2位坂本龍馬)であることを併せ考えると全国向けPRとして、キャッチフレーズに加藤清正の名前を入れるべきとのご意見。等々、私等知らない話ばかりで勉強になりました。
支所の掲示板11

 その後、観光コース(半日、全日、1泊2日コース)の検討に入りました。ここでもこのコースを踏破された方から所要時間や場所によっては街道が途切れるのでその際の注意など細かで具体的な意見がありました。又、佐賀関地区に関しせっかく県外から来られた方に街道沿いの旧跡だけでなく、星崎展望台なども案内コースに組み込んだら?との提案もあり、まさに豊富な知識や経験に裏打ちされた企画やアイディアがどんどん出される活発な会議でした。一方でこれをまとめ上げる役割を担う野村さんのご苦労も大変なものがあるように感じました。
コース検討資料11

 この日、同席された大分市役所観光課古賀さんにお聞きしたのですが大分市の観光ボランティアの方々の熱意とレベルは全国でもとても高いとのことです。又、組織だった観光ボランティアガイドの存在は世界でも珍しいそうです。
 今年の国民文化祭、来年のラグビーワールドカップ2019の大分開催など県外からの訪問者が多く見込まれるイベントが数多く予定されています。この機会に大分の歴史、史跡を新たな観光資源にするためにもとても有意義な取り組みだと思いました。
 この会議に参加し、真剣にボランティア活動に取り組む方々の熱い思いに触れることができました。 是非、今年度のソーシャルプラネット大分の活動に結び付けていきたいと思いました。



(荒江  記)

コメント

非公開コメント

socialplanet

名称:ソーシャルプラネット大分(NPO)
設立年月日:2015-06-01
設立目的:地域社会の活性化と生活環境改善への貢献
活動分野:まちづくり、環境保全、男女共同参画、職業能力開発・雇用
会員数:10名
主たる事務所所在地:大分市高崎
代表者氏名:荒江 進
電話番号:090-2716-8321
メールアドレス:arae@oct-net.ne.jp

*当NPOへのお問い合わせ等は下欄のメールフォームにてお願いします。