Information

socialplanet

Author: socialplanet

名称:任意団体 ソーシャルプラネット大分
設立年月日:2015-06-01
設立目的:地域社会の活性化と生活環境改善への貢献
活動分野:まちづくり、環境保全、男女共同参画、職業能力開発・雇用
会員数:10名
主たる事務所所在地:大分市高崎
代表者氏名:荒江 進
電話番号:090-2716-8321
メールアドレス:arae@oct-net.ne.jp

*当NPOへのお問い合わせ等は下欄のメールフォームにてお願いします。

Recent Posts

 NPOソーシャルプラネット大分の会員の多くは、職場における現役活動を終え、それまでに培った実務経験、知識を活かし、これまで<企業力を強くする>研修プログラムを作成し、県内企業に提供してまいりました。今回は経営幹部向け研修についてです。

≪事業の多角化で【業績アップ、収益力強化】を図る≫
★現状の製品戦略を継続すべきか否か、立ち止まって幹部全員で考える必要があります。
 事業品目ごとにライフサイクルがあり、いつまでも安定成長とはいきません。主要事業(製品)のライフ延命策を図ることも重要ですが、着目すべきは企業全体での成長です。つまりライフサイクルがそれぞれに違う事業(製品)で、年度毎に収益に貢献する金額を予測して経営資源を再配分する事で企業の収益合計を確実に伸ばしていくことです。現事業だけで先々の成長が見込めないなら新分野(製品)事業の準備が必要です。
    ・自社商品の将来性、市場での位置、何よりも自社の利益規模が現状でよいのか!
      (経営者だけで考えることではありません)
    ・外部の知恵も大切ですが、社内の衆知を結集して考えることが最も大切です。
 このプログラムでは、3時間の内容で考えるヒントをご提供します。

研修プログラム抜粋
キャプチャ000

 この会社、工場の継続成長のために何が必要か?を皆で考える
    (自分が属する企業の安定成長こそが、個人生活目標達成のキー)
 チェックポイント (企業経営の視点)
   1)現在の事業分野ごとの採算性、市場性、将来性、安全性をみる
   2)事業分野ごとの経営資源配分バランスは妥当か
     =戦略の重点化= 
        (特化すべき分野に向かうために現業基盤での努力)
     *一挙に事業ドメインのシェア変更するのは大きなリスク
      ・既存主力事業の採算性拡大の余地はないのか
       (業務改善による利益創出)
      ・事例紹介(他社事例からの気づき)
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 企業力とはつまるところ社員力の総和であり、社員は人材であり人財であると考えます。玉磨かざれば光なし。
 これらの内容にご関心がありましたら、お気軽にご相談ください。


(荒江   記)

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する