第35回例会を開催しました

会議報告
04 /01 2019
 3月30日(土)、ライフパルにて第35回例会を開催しました。
 議題に入る前に、野村副理事長より、先日実施した住吉川上流の水質検査結果の速報報告がありました。今までの検査項目のpH(水素イオン濃度)、BOD(生物化学的酸素要求量)、SS(浮遊物質量)の3項目に今回初めて計測したDO(溶存酸素量)を追加した4項目の検査結果です。どの数値も極めてよい結果となっています。今後はこの4項目の水質検査を定期的に実施していく方針です。
suisitu2n003.png

 さて、本日の最初の議題は、5月末頃に開催予定イベント「ホタル観賞会及び講演」の企画検討です。これは、今年度、九州ろうきん様から助成を受けて展開している事業の一環で開催するイベントです。「住吉川のホタルを増やす会」の方々と連携し、大分インターチェンジ近くの住宅地を流れる住吉川上流区域のホタルの生息環境を整える目的で、川辺の流木やゴミの撤去、川に覆いかぶさってしまった枝の除去などの清掃活動に取り組んできました。今年度は、現地で毎年開催されている【ホタル観賞会】にタイミングを合わせて、子供たちに向けた講演会を開き、ホタルの生態及び生息環境についてのビデオ鑑賞やこの流域でのホタル保護活動の紹介を行います。
 上映対象のビデオを全員で視聴し、内容は良いものの子供向けにはナレーションが必要との意見も出て、早速依頼するかたに交渉をする予定です。
 続いての議題はNPOの助成・協働プログラム説明会参加報告等です。当日配布された資料をもとに説明し全員で検討しました。
昨年度までに比べ、件数/金額ともに増えているので各自資料を読み込んだ上で(特に県、大分市、ろうきん)応募案を次回例会に持ち寄ることになりました。
 又、「協働」が最近のNPO関連の会議ではキーワードであり、当会の現在の力量からして新たな事業にチャレンジする際には他団体との連携が必要との認識を共有した。そして、その前提として当会内の情報共有の仕組みを強化し、全員参加型の会運営に取り組む方針を確認しました。
 そこで、まず
  ・当会会員からのPCメールをまめにチェックして都度、簡単であっても必ず返信をする。
  ・ブログを見た後は必ず拍手ページをタップする。
 以上、2点を全員で励行することを申し合わせました。
 最後の議題は新年度の活動方針についてです。
 来年度は新役員選出のタイミングでもあります。地域に何かしらの貢献ができる活発な活動をとれる方針と体制を整えて新元号初年度をスタートさせたいものです。次回例会でとりまとめて総会に諮ることとなりました。
DSC00862n01.jpg



(荒江  記)

コメント

非公開コメント

socialplanet

名称:ソーシャルプラネット大分(NPO)
設立年月日:2015-06-01
設立目的:地域社会の活性化と生活環境改善への貢献
活動分野:まちづくり、環境保全、男女共同参画、職業能力開発・雇用
会員数:10名
主たる事務所所在地:大分市高崎
代表者氏名:荒江 進
電話番号:090-2716-8321
メールアドレス:arae@oct-net.ne.jp

*当NPOへのお問い合わせ等は下欄のメールフォームにてお願いします。